立退きサポートnet

大阪弁護士会所属/みお綜合法律事務所
大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階

リンク 個人情報の取り扱いに関して
  • トップページ
  • 立退き料にまつわる基礎知識
  • 立退き請求の手続きの流れ
  • 1.前提条件を洗い出してみよう
  • 2.契約解除・更新拒絶の通達方法
  • 3.話し合い・調停・訴訟について
  • 弁護費用について
  • 事例集
  • ご相談の予約受付
  • 担当弁護士の紹介
  • サイトマップ
立退き事例診断
立退き請求に関するご相談の予約は
WEBからのご相談の予約はこちら

大阪弁護士会所属/

みお綜合法律事務所

大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル
オフィスタワー14階

立退き請求の手続きの流れ

前提条件を洗い出してみよう。

定期借家契約かどうか?

貸主様が現在結んでいる契約は借主との間で
期間を定めているかご確認ください。

まず平成12年以後の契約であれば、契約方法によって契約満了とともに立退き料を支払わずに立退きしてもらうことが可能です。(厳密に言えば更新拒絶といいます。)これ以前にも「期限付き賃貸借契約」等、限定的に期限を定めた契約を行っている可能性もありますのでご確認ください。

期限が定まっていたとしても定められた期限内において事前通知は必要です。


また、上記のような定期借家契約を行っていても、期限を過ぎても賃料を徴収している場合は契約を自動更新したと判断され、期限を定めた契約とは判断されませんのでご注意ください。

立退きしてもらいたい理由は?

立退きをしてもらいたい理由は

●貸主様が当該物件を利用されたい。
●借主に問題があるため契約を解除したい。

どちらでしょうか?

借主に著しい債務不履行がある場合、立退き料不要で立退きが成立するケースが多いです。反面、自己使用の理由であればいくらかの立退き料は必要なケースが多いです。
債務不履行の例に関しては家賃の不払いや使用内容が契約とまったく異なる等が挙げられます。
「ペット不可のマンションでペットを飼った」や「石油を使う暖房器具を禁止しているのに使用していた」等は判断の分かれるところだと思います。契約時に口頭の具体的な説明の上、強く使用禁止を訴えていれば考慮されることもあるとは思いますが、契約書に書いてあるだけでは著しい債務不履行と判断されるかは不明瞭です。

契約解除・更新拒絶の通達方法
立退き請求についてのお悩みはおひとりで悩むより、まずはご相談を!初回のご相談は無料です!!
このページの先頭に戻る
立退きサポートnet トップページに戻る

Copyright(C)みお綜合法律事務所 All Rights Reserved.