立退きサポートnet

大阪弁護士会所属/みお綜合法律事務所
大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階

リンク 個人情報の取り扱いに関して
  • トップページ
  • 立退き料にまつわる基礎知識
  • 立退き請求の手続きの流れ
  • 1.前提条件を洗い出してみよう
  • 2.契約解除・更新拒絶の通達方法
  • 3.話し合い・調停・訴訟について
  • 弁護費用について
  • 事例集
  • ご相談の予約受付
  • 担当弁護士の紹介
  • サイトマップ
立退き事例診断
立退き請求に関するご相談の予約は
WEBからのご相談の予約はこちら

大阪弁護士会所属/

みお綜合法律事務所

大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル
オフィスタワー14階

立退き請求の手続きの流れ

話し合い、調停・訴訟について

借主が立ち退きに応じなかった場合

前ページの通達方法で通知しても、借主が納得せず立ち退きを拒否することは十分に考えられることです。この場合、双方が話し合いを行うことになります。
当人同士による話し合いが効を奏した場合、双方合意の上で立退きを要求することも可能でしょうが、借主に異議がある場合その解決は容易ではないでしょう。この場合調停申し立てを検討します。

調停

調停は裁判所において調停委員会の人たちが間に入って問題解決のための話し合いが行われます。訴訟よりも簡単な手続きで調停はできます。もちろん、法律的根拠から話し合いは行われますが裁判と比べれば当事者同士の話が中心で、より現実に即した形での結論を導き出すよう努力してくれます。

ただ、互いの主張が平行線を辿った場合、調停による解決が難しいケースもあるので訴訟という方法をとります。

訴訟

貸主の立退き請求に理由があるかどうかを裁判所で判断します。

ただ、通達から裁判に至るまでの期間は長く、裁判になってからは費用面・時間面での貸主様の負担は大きくなるでしょう。このため、費用面・時間面でも立退き料を支払うことで立退きに応じてもらうことで双方の負担を極力減らすケースが多いです。

立退き請求についてのお悩みはおひとりで悩むより、まずはご相談を!初回のご相談は無料です!!
このページの先頭に戻る
立退きサポートnet トップページに戻る

Copyright(C)みお綜合法律事務所 All Rights Reserved.