立退きサポートnet

大阪弁護士会所属/みお綜合法律事務所
大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階

リンク 個人情報の取り扱いに関して
  • トップページ
  • 立退き料にまつわる基礎知識
  • 立退き請求の手続きの流れ
  • 1.前提条件を洗い出してみよう
  • 2.契約解除・更新拒絶の通達方法
  • 3.話し合い・調停・訴訟について
  • 弁護費用について
  • 事例集
  • ご相談の予約受付
  • 担当弁護士の紹介
  • サイトマップ
立退き事例診断
立退き請求に関するご相談の予約は
WEBからのご相談の予約はこちら

大阪弁護士会所属/

みお綜合法律事務所

大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル
オフィスタワー14階

立退き請求の手続きの流れ

契約解除・更新拒絶の通知方法

契約期限切れの際に更新拒絶する場合

前ページにある質問のうち、期限の定めた契約をしている方がこれにあたります。

契約が切れる1年前から半年前の間に配達証明付内容証明による通知を借主に対して行う。(書式はこちらをクリックしてください。)

期限を定めていないか、もしくは期限を定めていたがその期限を越えても賃料を受け取っており、実質的に契約を更新してしまっている場合は以下の方式になります。

借主に通知到着後、6ヶ月後を契約解除終了期限に設定し、解約申入れを行う。(書式はこちらをクリックしてください。)

借主に債務不履行がある場合

借主に債務不履行がある場合、債務不履行を改めるよう期限を決めた上で催告し、債務不履行を改めない場合、契約解除通知を行うこととなります。

まずはある一定の期限を定めて債務不履行を改める通知を行う。(必ずしも配達証明付内容証明である必要はないが、事後のことを考えると内容証明であることをお勧めします。)

改めなかった場合、適度な期間を設けて再度契約解除通知を行います。(書式はこちらをクリックしてください。家賃滞納が理由の場合)

契約解除・更新拒絶の通達方法
立退き請求についてのお悩みはおひとりで悩むより、まずはご相談を!初回のご相談は無料です!!
このページの先頭に戻る
立退きサポートnet トップページに戻る

Copyright(C)みお綜合法律事務所 All Rights Reserved.